fbpx

《雪》

ねろ著,林家妤翻訳

 「ねぇ、聞いた?陸地は、海にまもなく浸られるそうだよ。」

 「ほんと?じゃ、いいことだな、たぶん。」

 空を落ちていた、陸地に着陸する、二粒雪はそういう話している。

 「海に降るほうがいい。」

 「陸地が好きじゃないの?」

 「まあまあかな。森、草原が好きだけと。でも、本当の陸地に着陸することは何回があるか?毎回も、屋根、電柱や車と汚い人間に降るじゃない!」

 「そうだよ。え!人間が好きじゃない?」

 「人間は身勝手で、臆病だ。」白い雪はそう言った。「ある日、小島に降った。人間は生きるために、ほかの人間を食べた。そして、別の日、路地に降った時、人間はお金のために、同類を殺した!」

 「人間は生きることが大好きだね。」鼠色雪が迎合した。「でも、これはしょうがないね。」

 「なんで死亡が好きじゃないの?」

 「それもそうだよね。」鼠色雪を言った。「あたしも知らなかったな。」少し考えている。「でも、ある日、死んだ人間の体に降った。」

 そして、鼠色雪は続き話しています。「ちょっと変だけと、人間がいないところに目標を降っていて、陸地にアプローチしているつもりだった。でも、突然、ある人間が屋根から飛んでいた。あの人間は、あたしにとって、もと早いスビートで、肩すれすれに通った。空中に人間の涙に当たった。そして、『パン』という音を聞いて、人間がぶつけた。」

 「あの人間の涙と話して、涙から人間のことを知っていた。自殺理由は、彼が殺人犯だ。そのために、彼は誰でも合わなくて、ほかの人間が制裁してほしいだけだ。子供たちが例外で、唯一彼に喜んで交流する対象だ。そのように、自殺を選んだ。」

 「涙と話し続くつもりだけと、あたしたちはすぐ降っていた。彼から解けた、赤くて暖かい水に降って、まっすぐ解けた。」

 「じゃ、なぜ子供たちに交流してやめるの?」

 「あたしもそう聞いた。涙は、子供たちが大人になったと言った。」

 白い雪は空中に震えた。

 「今回、どこに降るなー」

 「あたしも知らない。でも、たぶん海じゃないな。」

 

 一番早い陸地に降るとして鼠色雪と白い雪は、どんどん降っている。最初

 気づいた女の子は、喜んで頭を空に向けてもたげる。

 そして、陸地上の人間はすべて子供のように、喜んで頭をもたげた。

 


 

© 2019 Nero Huang